耳鳴り・突発性難聴(反応点治療研究会症例集)

内耳や中耳の障害が突発性難聴やめまい、耳鳴り、繰り返しての発症に関わります :このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が突発性難聴、耳鳴りについて、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しつこい耳詰まり、耳鳴りが緩和した患者さん

年代 40代 男性

初診
突発性難聴で入院していたが症状に変化がないため来院した。中音域の音が聞こえづらい。耳詰まり、耳鳴りに苦しんでいた。難聴を発症した耳周囲には顕著に反応点が見られる。ノド、鼻にも慢性的な炎症症状があり、ほこりなどに過敏なようだ。その他、肝臓、小腸、大腸などの消化管にも反応点が認められた。

2~5回目
突発性難聴の症状は徐々に改善されていったが中音域の聞こえは依然悪い。しかし、こちらの話し掛けた声が徐々によく通るようになってきた。治療を受けた日の夜は症状が楽になることが多くなった。

10~15回目
カゼ気味の日が続き、耳の圧迫感、詰まり、耳鳴りにより、調子は下降気味。「耳がガサガサして一番のストレスだ」とのことだった。治療後に自宅でのセルフケアを薦めた。

最終回
本人がこまめに通院し、自宅でもしっかりとセルフケアをした結果、日常生活は問題なく過ごせるようになった。また本人が苦にしていた耳詰まり、耳鳴りは改善され、初診時に比べ耳周囲の反応が格段と良くなり、患者本人も気になる時間が減ったため、一旦終了となった。ただ病院での聴力検査値に大きな変化は見られていないことが気がかりである。

治療のポイントと反応点の状況
右耳、鼻、ノド、肝臓、小腸、大腸

治療の経過と感想
治療を重ねるにつれ、反応点改善に要する時間も短縮し、良好な期間が長くなっていった。ただし、過労やカゼなどによって、ノド・鼻などの粘膜の状態が悪化すると、一時的に耳の症状がぶり返すことから、持続的なケアが必要であることが分かる。治療者が指先で感知する反応点と、本人の不快感の場所が一致することから、症状のつらさや程度が共有でき、その都度的確なアドバイスが出来たと感じる。

反応点治療研究会
岐阜市 はり灸専門 サンリ治療院 舟橋寛延

| サンリ治療院  舟橋寛延 | 21:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT