耳鳴り・突発性難聴(反応点治療研究会症例集)

内耳や中耳の障害が突発性難聴やめまい、耳鳴り、繰り返しての発症に関わります :このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が突発性難聴、耳鳴りについて、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍼灸で職場復帰できますか?


35歳 男性 教師

初回
生徒たちの引率で他府県へのラグビー遠征中のできごとであった。
指導中、地震が起こった!?と勘違いするほどの揺れを感じた瞬間、気を失い、本人が気づいたときには病院のベッド上にいた。そのまま緊急で1か月ほど入院したが、特に変化の無いまま退院となった。
めまいだけで無く、キーンとする高音の耳鳴りがあり、右耳の高音域の聴力は90~110dBだった。耳鳴りの不快感と精神的な落ち込みによる不眠症にもなっていた。
病院での治療に満足できず、鍼灸の評判を聞き来院。休職中だったので週に2回のペースで治療を開始する。

8回目(1か月後)
めまいは、ほぼなくなり聴力は右耳の4000Hzが65dB、8000Hzが75dB。高音域の難聴だけが残り、他の音域は正常になっていた。
些細な音の不快感から解放され不眠症で薬を処方されていたが、薬を飲まなくとも睡眠をとれるようになっていた。ここで、治療の間隔を週に1回と変更した。

15回目(3か月後)
新年度が始まり不安を抱えていたが職場復帰をはたす。
以前のようなめまいや不眠に悩まされることはなくなっていた。高音域の耳鳴りと難聴、大勢の声が重なりあったときの反響音は不快だがそれ以外の耳に関しての不安は、解消されていた。

20回目(5か月後)
耳鼻科の定期検診で4000Hzは20dB、8000Hzは60dBとなる。まだ高音域の聴力に改善の余地はあるが、順調に回復していた。本人も雑音が気にならなくなり快適に過ごせるようになったと安心される。引き続き聴力の改善を期待して体調管理、疲労回復を目的に継続的に治療を続けている。

治療のポイントと反応点の状況
反応点が顕著に現れていた場所は、耳・鼻・喉で、内臓全般にも現れていたのでそれらの回復に力を入れた。また、頭、首、肩、背中の筋肉の緊張も強く目立ったため、これらを緩めることにも重点をおいた。

治療の経過と感じたこと(感想)
本症例では耳の反応点が回復するにつれ、聴力数値の改善と共に、不眠症状、頭、首、肩、背中の筋肉の緊張も和らぎ、本人のQOLは著しく向上した。また復職できるかわからないと言う悩みや一生このままかもしれないという不安も徐々に改善され、自信を取り戻すことで職場復帰を果たした。
感覚器の障害は、肉体的障害が精神的苦痛を誘発することを再認識させられた症例であった。


反応点治療研究会
愛知県名古屋市 たけちはり灸院 武智大輔

| SORA鍼灸院 森川真二 | 17:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT