耳鳴り・突発性難聴(反応点治療研究会症例集)

内耳や中耳の障害が突発性難聴やめまい、耳鳴り、繰り返しての発症に関わります :このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が突発性難聴、耳鳴りについて、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

耳鳴りのある患者


患者 45才  女性 

主訴:両側性の耳鳴り
愁訴:右耳の閉塞感(耳の圧が抜けない、不快)

4年前から両側性の耳鳴りに悩まされるようになる。日によって耳鳴の大きさや始まる時間などは異なるが、ひどいときは起床時から1日中続くこともある。病院での検査では目立った疾患は見つからず。

初回治療 
反応点:耳周囲(両側だがとくに右側)、鼻、咽リンパ、肝臓、大腸、小腸、胸鎖乳突筋、広頸筋、僧帽筋

治療後、患者には耳周りに小さな炎症の反応点がある。それらが耳鳴りの原因と考えられ、慢性化しているため、治療期間は長くなる可能性があると説明した。初回治療後、反応点の改善が見られた。また自覚症状も変化が見られたため、週一回のペースでの治療を開始した。

第5回目治療
右耳の反応点は広く、耳周囲から下顎まで広く出ており、耳鳴りも依然続いている。自宅でのローラー鍼治療を指導。

第23回目治療 
治療後2~3日は耳鳴が小さく感じられるようになる。この頃より、耳鳴りの大きさや持続期間が以前より改善してきた。治療回数を週1回から2週に1回に減らし、自宅でのケアを強化するよう指導。

第40回目治療
反応点の範囲は徐々に小さくなってきており、患者も治療に手ごたえを感じている。
現在、体調管理を兼ねた治療を継続中である。

考察 
この患者は内耳点や中耳に反応点があり、耳閉感、圧迫感を訴えていた。耳管や中耳の炎症などが耳鳴りに関わったと考えている。また、反応点は、耳下腺の皮膚表面にも広がっていた。耳下腺には多くのリンパ節が分布するが、鼻や咽から侵入した細菌などが耳下腺に軽度の炎症を引き起こしていたと思われる。ただ耳下腺と耳鳴りとは直接関連しないと推察されるが、耳鼻咽喉科領域の慢性炎症と言う点で共通点がある。以上は、耳や鼻、咽の反応点を中心に根気強く治療を行い、中耳、内耳の炎症が改善したことで、耳鳴りが改善した可能性があると考えられた。


反応点治療研究会
清水真奈美

| 反応点治療研究会個人会員 | 09:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT