耳鳴り・突発性難聴(反応点治療研究会症例集)

内耳や中耳の障害が突発性難聴やめまい、耳鳴り、繰り返しての発症に関わります :このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が突発性難聴、耳鳴りについて、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

突発性難聴と耳鳴り

症例 40代 男性

初回
両耳の難聴と耳鳴りで来院された。音は少し聞こえるが、内容が把握しにくいと言われる。人と会話するのにも支障をきたし、対人恐怖症の様になっていた。耳鼻咽喉科を受診し、MRIの検査を受けたが特に異常は認められなかった。原因不明と言われ、このまま症状が進行するのではないかと不安でたまらない様子だった。

3回目
治療後、耳、鼻、咽の反応の改善が見られ、本人もテレビのボリュームを大きくしなくても、内容が分かるようになった。また、耳鳴りの回数が減ってきたと治療の効果に驚かれていた。引き続き、家庭療法の継続を指導した。

6回目
日常生活に問題はなくなってきた。5回目の治療後、聴力検査を受け両耳とも聴力が少し回復していたと報告を受けた。人と話せるようになり耳鳴りもあまり気にならなくなったと、表情にも明るさが伺える様になった。

最終
2ヵ月間、週二回の治療をした結果、聴力の左右差が改善し、耳鳴りの回数も減った。症状は完全に回復した訳ではないが生活に支障がなくなったので治療を終了した。現在は月に2回程度、コンディショニングを目的に治療を継続している。

治療のポイントと反応点の状況
耳、咽、鼻、目、頭部~頚肩部の反応それに、肝臓、胃、腸の反応。頭部、頚肩部の筋肉の反応点を解消させた。

治療の経過と感じたこと
耳、頭部の反応の変化に連動するように、音の聞こえがよくなり、耳鳴りが治まっていった。耳鼻咽喉科領域の反応点を中心に、継続した治療を行ったことが、難聴と耳鳴りの改善をもたらしたと考えられる。

反応点治療研究会 松浦宏光

| 反応点治療研究会個人会員 | 12:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT