耳鳴り・突発性難聴(反応点治療研究会症例集)

内耳や中耳の障害が突発性難聴やめまい、耳鳴り、繰り返しての発症に関わります :このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が突発性難聴、耳鳴りについて、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

耳鼻科を転々とされても治らない耳鳴り

症例:40代 男性

初回
2年前から続く耳鳴りに耳鼻科を転々とするが変化がみられず当院に来院された。処方された薬も服薬されていない。はじめての鍼灸治療でかなり緊張した様子だったが、治療にも満足したようだ。週1回の治療を促し開始した。

2回目
風邪を引いている様子だったが仕事も忙しく休めない。耳鳴りはあまり変わらず、めまいも出てきたと訴えられる。耳を重点的に治療したが、全身の反応点にも注意を払った。自宅でのセルフケアも頑張って頂くよう指導した。

3回目
耳の反応点は初診時に比べると改善があった。めまいは消失し、耳鳴りの音が変わったと喜ばれた。引き続き耳の反応点、並びに顔面部、肝臓、膀胱、その他首、肩、腰の反応点にも治療を行った。

5回目(最終)
耳の反応点の回復に要する時間も短縮してきた。耳鳴りはまだあるが、さらに音質が変わったと笑顔で話された。忙しいためか、その後来院されていない。

治療のポイントと反応点の状況
耳、鼻、喉を重点的に肝臓、下行結腸、膀胱の反応点を治療。首、肩、腰部の治療も同時に行った。

治療の経過と感じたこと(感想)
耳鳴りの本態は不明であるが、鼻咽喉科領域全般への治療が耳鳴りを軽減させた。これらでは、耳のみならず鼻咽喉科領域の手当が重要であることを再認識した。耳鳴りの根本治療は、ある程度の期間と継続が必要であるが、患者さんに対しての説明が不十分であったのか、患者さんの自己判断により治療が停止したことを反省している。

反応点治療研究会
芦屋市 SORA鍼灸院 森川真二

| SORA鍼灸院 森川真二 | 12:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT